ピアスの深層心理|数や場所、男女別の特徴について

ピアスは多くの人にとって身近なファッションアイテムです。つけるだけでどこか色気のある大人な印象を与えられるアイテムでもあります。

この記事ではピアスをあける人の心理や性格、男女別の特徴についてご紹介します。

ピアスをあける人の心理

ファッション

ファッションとしてピアスを開けている人は多いです。靴や服を着るように自然なことだととらえている人も少なくありません。耳が最もポピュラーで男女共にピアスを付けていることが多い場所です。

目立ちたい

ピアスを付けている場所に注目してみると多くのことが分かります。舌や唇など口の周辺など人からよく見える場所に、ピアスを付けている場合は目立ちたいという心理があります。

認められたい

ピアスは大人であることを表すことができるアイテムでもあります。ピアスを付けている人はつけてない人よりも気が強そうに見えるという側面もあります。芯のある大人だと認められたいという心理であることも少なくありません。

自分を傷つけたい

個数にも注目してみるとまた違った心理が見えてきます。痛々しいほどに多くの場所にピアスを付けている場合は自分を傷つけたいという欲求が垣間見えてきます。

ピアスをあける人の性格

愛に飢えている

ピアスを付けている人は愛に飢えている傾向にあります。ただ愛への渇望があるだけではなく手に入れようとする積極性や行動力も兼ね備えています。

自己顕示欲が強い

ピアスを付けている理由として「目立ちたい」「有名になりたい」という気持ちが挙げられることも少なくありません。自己顕示欲が強い性格だと言えます。

承認欲求が強い

人から認められたいという気持ちが承認欲求です。多くの人が持っている感情ですがピアスを付けている人はその欲求が強い傾向にあります。

メンタルが弱い

ピアスを付けていると気の強い印象を与えますが、ピアスを付けている人の性格はデリケートで繊細であることがあります。傷つきやすく立ち直りが遅いタイプだと言えます。

ピアスをあける男女別の特徴

女性の場合

ピアスを開けるのは男性よりも女性の方が多い傾向にあります。女性にとってピアスはメイクのような位置にあることが多いです。「しなくても良いけれど皆しているからした方が良い」そんな存在です。

男性の場合

右耳にだけピアスを付けている場合、それは同性愛者であることを意味することがあります。知らずにつけてしまった男性も少なくありません。地域によっては意味合いも違ってきますのであまり気にしない方が良いでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク