コンプレックスだらけの自分を変えたい!克服する方法5選

自分が人より劣っていると感じている部分があることを、コンプレックスを抱えているという言い方をします。

自分の外見にコンプレックスを抱いているとか、学歴コンプレックスがあるなどの表現で用いられます。コンプレックスに悩まされると、自分のことを認められなくなり、日常生活に支障が出る場合もあります。

コンプレックスを解消するにはどうしたらいいのでしょうか。

コンプレックスの克服方法5選

コンプレックスを抱えたままにしていると、過激な行動に出たり、自分を認めることができずに憂鬱な気分になったりします。

例えば自分の外見にコンプレックスがあるあまり、痩せて綺麗になりたい気持ちが止まらず拒食症のようになるケースがあります。

このような事態を避けるためにも、コンプレックスを克服したいですよね。以下ではコンプレックスを克服して、より良く生きるためのヒントとなる手段をまとめています。自分にできそうなことから始めてみることが大切です。

コンプレックスを認める

コンプレックスを克服するために一番必要なのは、コンプレックスを認めることです。自分のコンプレックスはできれば触れたくないものですが、まずはその存在を否定せずに、受け入れて認めることが大切なのです。

コンプレックスを受け入れることで、自分はこういうことが嫌なんだな、こういった願望があるんだなと自覚できます。

何かに気づくことは成長の証です。まずは自分の心とゆっくりと向き合いましょう。自分のコンプレックスを認めたうえで、では自分はどうしたいのか考えるといいでしょう。

自分の考えは正しいのか考える

自分が今抱いている価値観は思い込みではないのか、本当は違うのではないのか考えましょう。

コンプレックスに関係する価値観を紙に書き出して、それが妥当なのか、知り合いならどう考えそうか考えるといいでしょう。

コンプレックスに感じていることは、自分の能力に問題があるのではなく、自分の価値観に原因があるのかもしれませんよ。

長所にも目を向ける

コンプレックスを抱える人は自己評価が低いです。悪いところばかりに目がいっています。そこで、自分のいいところにも目を向けるようにしましょう。

自分の中で自信があること、マシだなと思えることをピックアップして、長所を伸ばすことを意識しましょう。自分にもこれだけいいところがあると思えるようになれば、コンプレックスへの意識も解消されます。

他人と比較しないようにする

コンプレックスは他人と比べることによって強く意識されます。回りとくらべることを控えるようにしましょう。

自分は自分、周りは周りと開き直りましょう。あなたの人生は他人のためにあるのではありません。自分が思うように好きに生きていいと思えるようになれば、気が楽になります。

ネガティブな言葉を言わないようにする

コンプレックスを抱えていると、どうせ自分なんてというように、ネガティブなワードを言葉にしてしまいがちです。言葉には力があります。

ネガティブな言葉を言い続けていると精神的にさらに後ろ向きになり、自分も無意識にだめな人間になろうとしてしまいます。

前向きな言葉を心がけるといいでしょう。どうしてもつらい場合は、日常的に吐き出すのではなく、カウンセリングに通う、愚痴ノートに書き出してそれ以外ではネガティブな言葉は使わない、などといったルールを設定するといいでしょう。

まとめ

コンプレックスは多くの人が抱えるものです。コンプレックスから目を背けるのではなく、コンプレックスと向き合って、自分ができることを考えるようにしましょう。

コンプレックスを克服して、いいところも悪いところも自分なんだと思えるようになれば、気持ちがすっとして、未来が明るくなります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク