ナルシストは病気かもしれないレベルは?特徴や恋愛の傾向

自分のことが好きな人は案外多くいるものですが、ナルシストと他人から呼ばれるくらいになると、もしかしたらその人は病気かもしれません。

その病気の名前は自己愛性パーソナリティ障害です。ここでは自己愛性パーソナリティ障害の特徴や恋愛の傾向などについてご紹介します。

ナルシストは病気?

人間は誰しも自分が好きなものです。人によってはゼロに近いくらい自分のことが好きでないかもしれませんし、自分のことが好きで好きでたまらないという人もいるでしょう。

自分が好きなだけなら何も問題ありません。しかし、その自分が好きだという意識から、人に害を与えるなど極端な行動をしてしまう人たちがいます。自己愛性パーソナリティ障害と呼ばれる人たちです。

自己愛性パーソナリティ障害とは

自己愛性パーソナリティ障害とは、考え方や行動に偏りがあり、それによって困難が生じる人格障害と呼ばれる障害の一種です。

自分は特別であって当然だと思い込む障害です。自己愛が高く、傲慢な態度をとることが多いです。自己愛性パーソナリティ障害には以下のような特徴があります。

自信たっぷりの言動

自分は特別な存在だ、自分はこういう能力や成功経験があるなどと自分がどれだけすごいのかということについて語ります。

誇張して話すことも少なくありません。私たちが行うような自慢の域を超えているわけです。

共感が苦手

他人には自分のすごさを力説しますが、他人が言うことに共感することは苦手です。常に自分という存在が意識にあります。

他人からの評価に敏感

他人からの評価に敏感で、自分を悪く言われると、不機嫌になります。感情的になって反論することがよくあります。

また、他人がよく言われているのを聞くと、嫉妬することも多いです。自分が中心にいて自分が評価されないと嫌だというわけです。

自分のために他人を利用する

自分の利益になると思ったら、平気な顔をして他人を利用するという特徴があります。利用することを悪いと思っておらず、正当化して行動します。

自己愛性パーソナリティ障害は過去に人間関係のトラブルを起こしている可能性が高いです。ただのナルシストと違い、人間関係に支障が出ており、他人に支配的であったら自己愛性パーソナリティ障害の可能性があります。

自己愛性パーソナリティ障害の恋愛傾向は

自己愛性パーソナリティ障害の人は、異性に対して、最初はひたすらほめることが多いです。理想の人物に出会ったなどと言います。

しかし、段々とその言葉は少なくなり、ばっさりと相手を切り捨てるということがよくあります。自分にとって利益がなくなったら浮気したり乗り換えたりします。

恋愛中も、束縛が強く、自分中心の発言が多いです。恋人が自己愛性パーソナリティ障害だと思ったら、専門家に相談することをおすすめします。大事なのは一人で悩まないこと、自分が悪いんだと思わないことです。

まとめ

自己愛性パーソナリティ障害は、人格障害の一つで、自分を特別だと思い込む人たちのことを指します。

他人からの評価に敏感で、他人を自分のために利用する傾向があります。恋人が自己愛性パーソナリティ障害の場合は、自分を責めずに周りに相談して、振り回されないようにすることが大切です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク