愛されたい寂しい気持ちが強いのは病気?|特徴や原因、克服する方法

「愛されたい」「寂しい…」そんな気持ちが強くて眠れない夜を経験したことがある人もいるでしょう。

病的に強い気持ちの場合は「私って病気なのでは?」と思ってしまうことも。

この記事では恋愛メディアなどで取り上げられること多い「愛されたい症候群」と「アダルトチルドレン」についてそれぞれの特徴や原因、克服する方法をご紹介します。

「愛されたい症候群」の特徴

愛されたい症候群は病気でも精神疾患でもありません。アダルトチルドレンのようにサイコセラピストの間で使われる名称でもありません。ネットで広く使われている言葉です。特に女性向けのwebメディアでよく見られます。「誰かに愛されたいと思っている人」と定義されることが多いです。

誰かに愛されたいと思っていることが最大の特徴です。愛されたいという気持ちは多くの人が持っていますが、人よりも強い場合は愛されたい症候群と呼ばれることがあります。

原因

人に好かれた経験がなかったり、恋人ができた経験がなかったりする人にも見られますが、恋人を失ったばかりの人にも見られます。

克服する方法

愛されたい症候群の人は恋人がいない期間や、愛してくれる人がいない期間に苦痛を覚える傾向にあります。恋人を作ることで克服することができるでしょう。

「アダルトチルドレン」の特徴

アダルトチルドレンは近年知名度が高くなっていますが、正しい理解を持っている人は少ない傾向にあります。アダルトチルドレンは病気だと思っている人もいますが病気でも精神疾患でもありません。

ただし精神疾患とは深いつながりがありアダルトチルドレンが引き金となって、うつ病やパーソナリティ障害などの精神疾患になることは多くあります。精神障害者について正しい知識を持っている人は多いとは言えず、世間的なイメージが悪くなっています。そのため精神障害者ではなくアダルトチルドレンと呼ぶことがあり、このことがアダルトチルドレンは精神疾患名と誤解される原因の一つにもなっています。

また名称も統一されておらずシーンによって呼び名が変化しています。アダルトチルドレンはACOA、ACA、AC、アダルトサヴァイヴァーと呼ばれることがあります。こうなってしまった大きな原因がマスコミやメディアによる誤用です。

原因

アダルトチルドレンは「精神状態が子供の大人」を指すのではなく「機能不全家族のもとで育ち心に大きな傷を負った人」を指しています。機能不全家族はほとんどの精神障害者に見られるほど心の病気と密接に関係しています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク