天赦日とは?不成就日・一粒万倍日を活用して開運成就

天赦日という言葉を聞いたことがあるでしょうか。縁起のいい日として大安が有名ですが、何かをするのにいい日は他にもあり、しかもそれぞれに得意分野もあるのです。

そして、逆に何事も上手くいかない縁起の悪い日も…ぜひ知っておいて何かを始める時などにはうまく活用して運を招き入れたいですね。

天赦日とは?

天赦日は「てんしゃび」または「てんしゃにち」と読みます。天が全てをゆるす日という意味ですから、一番いい吉日とされています。

結婚、引っ越し、開業や財布の新調に特にいいと言われているので新しいスタートにはぴったりですね。一年には5・6回あり、季節と日の干支で変わるので毎年違う日が当てはまります。

2か月に一度くらいはあるので、結婚式なども合わせやすいです。結婚式となると大安を選びやすいですがこちらも気にしてみてもいいかもしれません。

一粒万倍日も吉日!

「いちりゅうまんばいび」と読む一粒万倍日も縁起のいい日のひとつです。一粒が万にもなる、という日ですからお店始めなどお金を出して何かを始めるときに特にいい日とされています。

こちらも年によって日付は変わりますが毎月4回以上はあるので、宝くじを買う時などは狙ってみてもいいでしょう。大安と重なると運気が倍増すると言われているので、大安で一粒万倍日ならその日はきっといいことがあるでしょう。

天赦日と一粒万倍日が重なることも

天赦日は一年の内でも少ないですが、それでも一粒万倍日が重なることも。

そして、そこに大安もしくはカレンダーの干支の中で一番初めで縁起のいい甲子がかさなると運気は最大限に高まります。天赦日と一粒万倍日と大安か甲子、という組み合わせなら年に一日か二日のかなり珍しい日です。

最近は大安を気にする人も少なくなってきましたが、告白やプロポーズにもいいと言われていますよ。

縁起の悪い日もある

不成就日、つまり何事も成就しない日といわれる日も月に4度ほど現れます。

何をしても悪い結果を招くと言われていて、とにかく何をするにも縁起の悪い日です。でも、実は大安と被ることもあるんです。

大安だからと結婚式の日取りを決めたら実は不成就日だったということもあるので気を付けてみてください。大安のいい効果よりも、不成就日の悪い効果を気にした方がいいと言われています。

日付を味方につけて運気アップ

天赦日や一粒万倍日についてご紹介しましたがいかがでしたか?カレンダーに乗っていることもありますが、最近はネットでもすぐに調べられるのでぜひ気にしてみてくださいね。

何かを始めたり、思い切った行動をしようと思う時にはきっと後押ししてくれますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク